左足を踏み込みながら、腕は構えた状態のまま、体を左に捻って、タメをつくる。

DSC_2415


DSC_2420


タメをしっかり使って、相手のコメカミからアゴにかけて、斜め上または横から左フックを打ち抜く。
DSC_2421


重心は、踏み込んだときには前足(左足)にあるが、左フックを打つのと同時に、重心を後ろ足に持っていく。
DSC_2425


重心を後ろに持っていきながら、前足(左足)のつま先をよこに回して、しっかり腰を入れる。

DSC_2423


フックの悪い例
→ 人さし指・中指の拳で打たないと骨折・打撲になりますので反復練習が必要です。あと全てですが打つ・蹴る反対の手はガードを下げないように注意しましょう。慣れてくると分かりますが相手が打ってくる時が一番当てやすいチャンスなので打つ・蹴る時の反対の手は必ずガードする癖をつけましょう。

DSC_2747


DSC_2758



>>目次 >>準備 >>基本 >>応用 >>情報 >>お問合せ