相手に対し、左足のつま先とヒザをまっすぐに踏み込む。
特に、左ジャブを打つ時、ヒザを内側に入れたり、前足に重心を乗せすぎると、カウンターで前足にローキックをもらった時や、前足のヒザに前蹴りをもらった時にダメージが大きくなってしまう。


踏み込みながら、相手に動きを読まれないように、左のジャブを相手のアゴに向かってまっすぐ打つ。
DSC_2412


DSC_2413


DSC_2414


パンチを打ち終わったら、素早く、もとの構えに戻る。
DSC_2412


jab


>>目次 >>準備 >>基本 >>応用 >>情報 >>お問合せ