構えから、相手が攻撃をしようと踏み込んできた瞬間に右ヒザを上げてから、一気に右ヒザを伸ばして、足の指の付け根の部分で相手の腹部を蹴る。(状況により相手の、蹴り足を蹴ったりすることもある)
ヒザを伸ばすのと同時に、状態を少し後ろに倒す。
蹴った後は、蹴り足をそのまま前に出さず、すばやく元の構えに戻る。
相手との距離に気をつけながら、ガードもしっかりとしておく

DSC_2591








>>目次 >>準備 >>基本 >>応用 >>情報 >>お問合せ