構えから、その場で体重を少し後ろ足に移し、相手が攻撃をしようと踏み込んできた瞬間に左ヒザを上げてから、一気にヒザを伸ばして、足の指の付け根の部分で相手の腹部を蹴る。(状況により相手の、蹴り足を蹴ったりすることもある)
ヒザを伸ばすのと同時に、状態を少し後ろに倒す。
蹴った後は、蹴り足をそのまま前に出さず、すばやく元の構えに戻る。

DSC_2587


主に相手のパンチやキックに合わす。

DSC_2594


相手が蹴る前にカカトでカットする。

DSC_2595


DSC_2596


左ミドルに軸足の右足のヒザ上を蹴りあげるのも効果有り。

DSC_2598


前蹴りの対処方法
→相手が正面を向かないように一歩後ろへ下がりながら相手のカカトを引っ掛け持って横へ投げて攻撃。

DSC_2599


DSC_2600


DSC_2601


DSC_2602


DSC_2603


DSC_2604


前蹴りを掴んでからの攻撃

DSC_2608


DSC_2609


DSC_2611


>>目次 >>準備 >>基本 >>応用 >>情報 >>お問合せ