攻撃するためというよりは、防御するために使われることが多い。