ヒジが当たる距離にしっかり左足を踏み込む。
腕を水平にして手首を脇に引きつけるように畳み込みながら、腰の回転を使ってヒジで打ち抜く。
DSC_2444


DSC_2445


DSC_2447


顔は顎を引いて、正面を向いたまま、左腕で顔をしっかりとガードする。
DSC_2446


>>目次 >>準備 >>基本 >>応用 >>情報 >>お問合せ