手首の力を抜いて手首を内側に入れてコンパクトにたたみこむによって、ヒジが鋭角になり、攻撃力が増す。
○左ヒジ(縦)
ヒジが当たる距離にしっかり左足を踏み込む。
踏み込みながら、左手を耳から頭に沿いながら、左ヒジを構えよりもさらに上に持ち上げ、相手のガードの隙間を狙って当てる
顔は顎を引いて、正面を向いたまま、右腕で顔をしっかりとガードする
DSC_2450


DSC_2449


DSC_2451


DSC_2452


○右ヒジ(縦)
ヒジが当たる距離にしっかり左足を踏み込む。
踏み込みながら、右手を耳から頭に沿いながら、右ヒジを構えよりもさらに上に持ち上げ、相手のガードの隙間を狙って当てる
顔は顎を引いて、正面を向いたまま、左腕で顔をしっかりとガードする

DSC_2453


DSC_2454


DSC_2456




>>目次 >>準備 >>基本 >>応用 >>情報 >>お問合せ