リラックスした構えから、前後のリズムを取り、体重が後ろから前に移動するタイミングを使って蹴る。